アメリカンホームシステムズジャパン株式会社
 
AHSJが考えるウッドホーム
企業情報 
免震基礎
ログホーム
円形住宅
 

AHSJが考えるウッドホーム

住む人が癒され、リラックスできる建物

床(フローリング)はもちろん壁・天井全てに自然木材(無垢材)を使用。木の香りに包まれて家に居ながら森林浴状態。
 

さらに、床下に炭を敷くことによって調湿・空気浄化の効果をもたらします。

 
屋根の野地板や床下地にも当社では無垢板を使用しますが、条件的にそれが出来ない場合などにはやむを得ず合板を使用します。その場合でもホルムアルデヒドのほとんど出ない「四つ星等級」以上の合板を使用。もちろんシックハウスにはなりません。
 

季節に関係なく冷暖房が最小限の使用で快適に過ごせる建物

  建物は断熱が適切にされていれば冷暖房設備は最低限でも快適なはずです。
当社では断熱材にニュージーランドの羊の毛で作られた「サーモウール」を使用。優れた断熱力と共に湿度をコントロール。壁内結露を防ぎ、カビ・ダニの発生を抑えます。
サーモウール」はまたホルムアルデヒドを1時間に97%以上吸収し、暖房器具などから出る二酸化炭素や亜硫酸ガスなども大量に吸着する作用が確認されています。
開口部には木製サッシ(外部アルミ被履)、又は樹脂サッシを使用しています。
熱伝導率が高く結露を起こすアルミサッシは使用しません。
 
浴室の断熱にも力を入れています。各メーカーのバスユニットには一応断熱材は入っていますが、真冬の寒さには役に立ちません。電気などで暖房をしなくても入った時に寒さでぞくっとしないよう断熱材を入れるようにします。
 

資産価値を維持(100年の耐久性)できる建物

木造でもメンテナンス次第で100年以上持ちます。
最初からメンテナンスをし易いように工夫した設計で100年以上の耐久性を目指します。
例えば、床下換気も兼ねて基礎を高くし(1mくらい)、設備のメンテナンスをし易くしておきます。
デザイン的にも美しい木造住宅を建て、庭を含め外構にも気を配って資産価値の維持を。
目に見えない所でも、免震建物を造るために、当社独自開発の免震アンカーボルト(特許申請中)を使用します。
 
PAGE TOP
Copyright 2004,American Home Systems Japan Co.,Ltd All right reserved.